同じ線でも男女で違う

手相の中でも有名な線は運命線です。
手のひらの真ん中に縦に入っている太くて目立つ線なので、これが運命線だと知っている人も多いでしょう。
では運命線の意味について知っていますか?
また手相って、男性と女性とでは同じ線でも、解釈の方法が変わってくるって知っていますか?
例えば男性の運命線とは仕事の事を意味しています。
つまり仕事にやりがいがあるのか、仕事で成功するのかどうかなどを占い事が出来る線です。
一方で女性は仕事と家庭を意味している線になります。
運命線が太い女性は、仕事と家庭を両立している女性。
そして運命線が薄い女性は、専業主婦で仕事をしていない女性を意味しています。
ですが、男性と女性とで同じ線でも解釈が違うと先ほど言いました。
しかし今後は社会の変化により、女性がもっと働く社会になってくるはずです。
それこそ男性も家庭と仕事の両立をする必要性が出てきますし、女性も結婚後も働く事が当たり前の社会になるでしょう。
そうなった時に、運命線は男女差がなくなって、同じ解釈になる日も近いのかもしれません。
そもそも手相とな何千年前に発祥し、当時と今とでは、生活習慣や常識など大きく変化しています。
そして当時のままの占いの解釈では時代に合わないものとなり、とっくの昔に手相占いは廃れてしまっていたはずです。
しかし現代でも手相占いが世界中で占われているという事は、時代の変化に適応し、占いの解釈も変化してきたからだと言えるでしょう。
手相占いでも対面でなくネットを介して占う事が出来るようになった事も、昔では考えられない事ですよね。

関連記事

    None Found